さまよいのTOKIO

 

 

どうも!

中村です。

 

本日は お写真の気分です。

 

わたくし ずいぶん前に、
念願でしたカメラを、

あ。すいません。

キャメラ うぉ。

購入いたしまして。

 

なんだかんだ 放置しておりましたが、
先日 東京散策をいたしましたので
カメラ持参で、

あ。すいません。

キャメラ じすぁんどぇ

行ってまいりました!

 

そちらの東京散策。

年に一度行います
わたくしの儀式的なモノです。

 

以前 シンドイ時に、
めっちゃ さまよった事が
ございまして。

まあ〜 文字通り
さまよいましたね。

トキオを。

 

んでまあ、
初心を忘れたらイカンよ
というカンジで、

年イチで
さまようわけです。

 

でも、この度は
カメラ持参でね、
さまよったものですから。

辛かった思い出よりも
どちらかというと楽しい旅に

あ!すいません!

キャメラ じすぁんどぇぬえ、すぁま…

 

 

…えーと。

なんのお話しでしたかね?

まあいいや。

 

 

そんなワケでしてね。

お写真撮りましたので、
さらしますわよ。

 

本日のBGMは、

ここ数日 ハマっております
手嶌 葵さんの『Calling you』

 

なんでしょうか、
彼女の ノスタルジー

いつまでも 聞いていられます。

心と体に 優しい歌声です。

そりゃあもう、

早朝にいただく
お味噌汁レベルに。

もっとイカした
例えはないんか

 

いや なんですか、

彼女の歌声は、

愛しさですよ。

そして、

切なさと、

心強さと?

待て待て それは
篠原涼子さんだ

 

手嶌 葵 さんはですね。

優しさですよ。

あたたかさと。

やっぱり ちょっと切なくて。

なんか 懐かしくてね。

キュっとなるような。

でも ホッコリできる。

 

あーなんだ。

やっぱ味噌汁ダッ!

すごい高級
かつ
京風の

 

いやいやいや
すいません

彼女は 本当に 素敵です!

わたくしは
本当に
おバカです

 

ハイ。

そんなんで、

すぉんぬぁんどうぇ、

 

 

そんなノスタルジーに
耳を ひたしつつ、

わたくしのお写真をば
ご覧になって下さいませ。

 

では 
どうじょ!

 

 

 

 

 

 

 

マウスを乗せていただくと
日本語でタイトルが出ます

 

 

– Calling you –

 

ベガスから続く
砂漠の道を さまよって
たどり着いた
どこでもない場所

あなたが知ってる
どこよりも いい所よ

コーヒーマシンは
少し修理が必要だけど

ちょっと不思議で
小さなカフェで


呼んでいるの
聞こえるかしら
私はあなたを
呼んでいるのよ

 

砂漠の風が吹きつける

あなたの赤ちゃんが泣いていて
私は眠れないの

だけど 私達 知ってるわよね
変化がおとずれるって

ステキな自由が
すぐそこまで来てる


呼んでいるの
聞こえてるわよね
私はあなたを
呼んでいるのよ

 

 

 

 

その他のお写真は

コチラ
👇👇
CAMERA